Make your own free website on Tripod.com

裏CHUNSOFT > ROMイメージ改造・解析

ROMイメージ改造・解析

ROMイメージ改造

ROMイメージをバイナリエディタで編集します。 エミュレータによってはCRC値が不正と表示されます。 勿論プレイは可能ですが、気にする人は自分で回避して下さい。 アドレスは512バイトのヘッダを含んだROMにおけるものです。 ヘッダを削除したROMをお使いの方はアドレスから200hを減じて下さい。

デバッグモード
機能が豊富です。
モンスター分布図編集
SFC版風来のシレンでオリジナルダンジョンも夢ではありません。
パレット変更
モンスターの色を変更できます。
その他のROMイメージ改造
1つのページにならないようなことをまとめています。

ROMイメージ解析

デバッガを使ってROMイメージを解析しています。 アドレスは512バイトのヘッダを含まないROMにおけるものです。

アドレスリスト
永遠に作成中です。
ダメージ計算式
私の初の解析となりました。
特殊地形の出現率
大迷路もありました。
モンスターハウスの出現率
天然よりも人工のモンスターハウスの方が特殊ハウスになりやすいです。
様々な確率
作成中です。
乱数生成
乱数は偏りません。
店の出現率
一言では言い表せません。
出現する罠の決定
罠には出やすい罠と出にくい罠があります。
道具の値の決定
大体経験で分かっている人もいるかも知れませんが。
その他の解析結果
1つのページにならない細かいことをまとめています。
古印体のフォーマット その1
ダンジョン名の表示に使われるフォントのフォーマットです。
古印体のフォーマット その2
上の続きです。

裏CHUNSOFT > ROMイメージ改造・解析